NCコード一覧

設備、年代、制御、メーカーによりNCコードを異なり、設備を変更する際に迷ってしまうことがあります。
ファナック、OSPに代表されるNCコードを集めました。(現在ファナックのみ)
私自身、NCプログラムを変更するときに役立てようと作りました。

ファナック16i-MAと15-MBの比較

機 能 FS16i−MA FS15−MB
1 位置決め G00 P--; G00 P--;
2 直線補間 G01 P--F--; G01 P--F--;
3 円弧補間/ヘリカル補間 G02/G03 P--R--(I--J--)F--; G02/G03 P--R--(I--J--)F--;
4 円弧ねじ切りB CW/CCW G02.1/G03.1 P-R-(I-J-)F-;
5 インボリュート補間 G02.2/G03.2 P-R-I-J-F-; G02.2/G03.2 P-R-I-J-F-;
6 指数関数補間 G02.3/G03.3 P-I-J-K-R-F-Q-; G02.3/G03.3 P-I-J-K-R-F-Q-;
7 三次元円弧補間 G02.4/G03.4 P--;
8 ドウェル G04 P--/X--/U--; G04 P--/X--/U--;
9 リモートバッファ運転 G05 P--; G05 P--;
10 高速サイクル加工 G05 P--L--; G65.3 P^Q-L-; (G10.3 P-Q-R-;)
11 高精度輪郭制御 G05 P10000 ; G05 P10000 ;
12 滑らか補間 G05.1 Q2 X0 Y0 Z0 ; G05.1 Q2 X0 Y0 Z0 ;
13 スプライン補間 G06.1 P-I-J-K-P-Q-R-F-;
14 仮想軸補間 G07 α0 ; G07 α0 ;
15 円筒補間 G07.1 A/B/C--; G07.1 A/B/C--;
16 先行制御 G08 P1 ; G08 P1 ;
17 イグザクトストップ G09 ; G09 ;
18 データ設定(オフセット) G10L10〜L13 P--R--; G10L10〜L13 P--R--;
19 データ設定(パラメータ) G10L50 ; N--(P--)R--; G10L50 ; N--(P--)R--;
20 PMCデータ設定 G10.1 P--R--L--;
21 工具退避&復帰 G10.6 P--; G10.6 P--;
22 プログラマブル直径/半径指定切換え機能 G10.9 P--;
23 データ設定モードキャンセル G11 ; G11 ;
24 極座標補間モード G12.1 ; G12.1 ;
25 新円切削機能 CW/CCW G12.2/G13.2 I-(J-K-)D-F-;
26 極座標補間キャンセル G13.1 ; G13.1 ;
27 極座標指令キャンセル G15 ; G15 ;
28 極座標指令 G16 ; G16 ;
29 平面選択 G17/G18/G19 ; G17/G18/G19 ;
30 インチ入力 G20 ; G20 ;
31 ミリ入力 G21 ; G21 ;
32 ストロークリミットON G22 X--Y--Z--I--J--K--; G22 X--Y--Z--I--J--K--;
33 ストロークリミットOFF G23 ; G23 ;
34 主軸変動検出OFF G25 ; G25 ;
35 主軸変動検出ON G26 P--Q--R--; G26 P--Q--R--;
36 リファレンス点復帰チェック G27 P--; G27 P--;
37 第1リファレンス点復帰 G28 P--; G28 P--;
38 リファレンス点からの復帰 G29 P--; G29 P--;
39 第nリファレンス点復帰 G30P2/3/4 P--; G30P2/3/4 P--;
40 フローティング リファレンス点復帰 G30.1 P--; G30.1 P--;
41 スキップ切削 G31 P--; G31 P--;
42 多段スキップ G31 P--F-- P1〜P4; G31.1〜G31.4 P--F--;
43 ねじ切り G33 P--F--; G33 P--F--(Q--);
44 自動工具長測定 G37 α--; G37 α--;
45 コーナ円弧 G39 X--Y--(I--J--); G39 I--K--;
46 工具径補正キャンセル G40 ; G40 ;
47 工具径補正左 G41 P--D--; G41 P--D--;
48 工具径補正右 G42 P--D--; G42 P--D--;
49 法線方向制御キャンセル G40.1(G150) ; G41.1 P--;
50 法線方向制御左側オン G41.1(G151) P--; G42.1 P--;
51 法線方向制御右側オン G42.1(G152) P--; G42.1 P--;
52 三次元工具径補正 左/右 G41.2/G42.2 P--D--;
53 リーディングエッジオフセット G41.3 D--;
54 工具長補正+ G43 H--; G43 H--;
55 工具長補正− G44 H--; G44 H--;
56 工具軸方向工具長補正 G43.1 P--H--A--C--;
57 工具位置オフセット 伸長 G45 P--D--; G45 P--D--;
58 工具位置オフセット 縮小 G46 P--D--; G46 P--D--;
59 工具位置オフセット 2倍伸長 G47 P--D--; G47 P--D--;
60 工具位置オフセット 2倍縮小 G48 P--D--; G48 P--D--;
61 工具長補正キャンセル G49 ; G49 ;
62 スケーリングキャンセル G50 ; G50 ;
63 スケーリング G51 X--Y--Z--P--; G51 X--Y--Z--;
64 各軸スケーリングキャンセル G50 ; G50 ;
65 各軸スケーリング G51 X--Y--Z--I--J--K--; G51 X--Y--Z--I--J--K--;
66 プログラマブルミラーイメージキャンセル G50.1 ; G50.1 ;
67 プログラマブルミラーイメージ G51.1 X--Y--Z--; G51.1 X--Y--Z--;
68 ローカル座標系選択 G52 P--; G52 P--;
69 機械座標系選択 G53 P--; G53 P--;
70 ワーク座標系選択 G54〜G59 ; G54〜G59 ;
71 追加ワーク座標系選択 G54.1 P--; G54.1 P--;
72 フィクスチャオフセット選択 G54.2 P--;
73 一方向位置決め G60 P--; G60 P--;
74 イグザクトストップ G61 ; G61 ;
75 自動コーナオーバライド G62 ; G62 ;
76 タッピングモード G63 ; G63 ;
77 切削モード G64 ; G64 ;
78 マクロ呼出し G65 P--L-- 引数 ; G65 P--L-- 引数 ;
79 マクロモーダル呼出し G66 P--L-- 引数 ; G66 P--L-- 引数 ;
80 マクロモーダル呼出しキャンセル G67 ; G67 ;
81 座標回転 G68 α--β--R--; G68 α--β--R--;
82 座標回転キャンセル G69 ; G69 ;
83 回転コピー G72.1 P--L--X--Y--R--; G72.1 P--L--X--Y--R--;
84 並行コピー G72.2 P--L--X--Y--R--; G72.2 P--L--X--Y--R--;
85 穴あけ固定サイクル G73〜G89 α-Z-R-Q-P-F-K-; G73〜G89 α-Z-R-Q-P-F-L-;
86 チョッピング G81.1 Z--Q--R--F--; G81.1 Z--Q--R--F--;
87 リジッドタップ M29S--; G84.2/G84.3 α-Z-R-Q-P-F-L-
G84/G74 α-Z-R-Q-P-F-K-; S-;
88 アブソリュート指令 G90 ; G90 ;
89 インクレメンタル指令 G91 ; G91 ;
90 ワーク座標系の変更 G92 P--; G92 P--;
91 ワーク座標系プリセット G92.1 P--; G92.1 P--;
92 インバースタイム送り G93 ;
93 毎分送り G94 ; G94 ;
94 毎回転送り G95 ; G95 ;
95 周速一定制御 G96 S--; G96 S--;
96 周速一定制御キャンセル G97 S--; G97 S--;
97 固定サイクルイニシャルレベル復帰 G98 ; G98 ;
98 固定サイクルR点レベル復帰 G99 ; G99 ;

ファナックの一般的なMコード

Mコード FANUC
M00 プログラムストップ
M01 オプショナルストップ
M02 プログラムエンド
M03 主軸正転
M04 主軸逆転
M05 主軸停止
M06 工具交換
M08 クーラントオン
M09 クーラントオフ
M19 主軸割出し
M30 プログラムエンド(プログラム先頭位置へ戻る)
M60 パレット交換
M98 サブプログラム呼び出し
M99 サブプログラムエンド

もし間違いがあれば掲示板よりお願いします

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー